タンデム自転車(TSR-263,TRYDEM TYPE R-2)の利用中に、事故が発生しました。

今後の皆様の安全な使用のために、事故の内容をお知らせ致します。

 静岡県の大規模レンタルサイクリング施設にて、小児が後輪とバックホークの間に足を挟まれて怪我をするという事故がありました。

 乗車していた小児は元々ペダルに足が届かないまま使用したか、または使用中前席者のペタリングについていけなくなりペダルから足が離れてしまい、足の置き場を探したと考えられます。

結果、足先をバックホークを使って固定しようとし、誤って後輪とバックホークの間に足を挟んでしまったと考えられます。(下図)

 販売店様・レンタル業者様へお願い

 新しい説明書をご一読の上、ユーザー様へのご指導をお願いいたします。